気まぐれで軟体動物やってます!!

介護士たこにゃんが伝える、ためになる?ブログ

お正月にオススメのボードゲーム。簡単で盛り上がるゲームを7個集めました。

f:id:taconyan:20190918122235j:plain

お正月での毎年の悩みが「どうやって過ごそうか?」ということですよね。

親戚とかも集まるので、外出もできませんよね。

 

特にやることもないので、時間を持て余した結果、ほとんどの人がTVをみて過ごすことが多いイメージです。

 

福笑いやコマなどの文化的なゲームもありますが、若い人にはなかなか受け入れられません。

 

ここ数年はボードゲームカフェなどが流行になっています。

ただ、ゲームとして楽しむだけでありません。

 

VRなどのテレビゲームがどんどん進化する中で、なぜアナログなボードゲームが注目されているのでしょうか?

 

対戦型のボードゲームは戦略を色々と考える必要がありますし、ときには

相手の立場になって考える必要があります。

 

ボードゲームは子供の教育や頭の体操としても注目されているのです。,/u>

 

今回は初心者でも簡単にプレイできて、しかも絶対に盛り上がるボードゲームを7つ紹介してみます!!

 

 

www.kimagure-taco.com

 

 

長時間(1時間以上)のゲーム

人生ゲーム

誰でも1度はプレイしたことがあるであろう人生ゲームですね。

ルーレットを回してコマを進めるすごろくゲームです。

 

日本のすごろくの歴史は古く、7世紀には中国から輸入されていたそうです。

 

1300年前からあったと考えると感慨深いものがありますね。

 

人生ゲームはルーレットを振るだけなので、運要素が強いゲームです。

 

ルールも説明が必要ないくらいにシンプルなので誰でも楽しめるゲームでしょう。

 

  • ルーレットを回す
  • コマを進めてゴールを目指す
  • お金の多い人が勝ち

 

モノポリー

ダイスを振るボードゲームとしては、人生ゲームの次に有名なゲームではないでしょうか?

 

アメリカで生まれたゲームでも、今でもたくさんのプレイヤーがいる人気のゲームです。

 

ルールもすごろくに近いシンプルで理解しやすいのも嬉しいところです。

 

しかし、戦略的な要素も多いため、強い人は本当に強いです。

 

  • ダイスを振る
  • コマを進めたマスで、建物を立てる
  • 建物があるマスに止まるとオーナーにお金を払わないといけない。
  • 全員を破産させたら勝ち!!
  • もしくは時間制限で一番お金を持っていた人が勝ち!!

 

カタン

今、もっとも人気のボードゲームカタンだと思います。

世界大会も開催されている、外国でも人気のあるゲームです。

 

カタンはヨーロッパのドイツで生まれたゲームです。

ドイツはアナログゲーム大国で毎年様々なゲームが生まれていますが、その中でも人気が高いのがカタンです。

 

ダイスを振るゲームなのですが、マスを進めるすごろく式のゲームではありません。

出た目によって資源を得ることができます。

 

得た資源を使って、道を作り、開拓地を作り、都市化させることでカタン島という島を発展させます。

 

文字だけだと難しいゲームに感じますが、ルール自体はサイコロを振るだけなのでそこまで難しくありません。

 

カタンの最大の特徴は交渉で、うまく交渉を進めることでゲームを有利に進めることができます。

 

プレイヤーも多いゲームなので、ルールを知っておくと遊べる機会もあるでしょう。

 

  • ダイスを振る
  • 資源を得られる
  • 資源で道、開拓地、都市を作る
  • 開拓地や都市を作るとポイントがえられる
  • 10点先取した人の勝ち

 

短時間(1時間以内)のゲーム

 コヨーテ

コヨーテは少し複雑なインディアンポーカーです。

 

コヨーテは計算するゲームなので教育にはオススメです。

 

インディアンポーカーのように、自分のカードが見えないように頭にくっつけます。

 

他人のカードを見ながら、全てのカードの合計を予想するゲームになっています。

 

多人数でもプレイすることができますが、計算が大変になってきます。

 

一人だけ、マイナスカードを持っていた場合、その人に対して大きい数字を伝えることで、マイナスカード出ないと勘違いさせるような、心理戦が生まれるのも面白いところです。

 

  • カードを引く
  • 他の人にカードが見えるように頭につける(自分は見ない)
  • 1から順番に数字を大きくしていく。
  • 数字が全体の合計よりも大きくなったと思ったら「コヨーテ」と宣言する
  • 数字が小さければ自分が−1ポイント、大きければ前の人が−1ポイント
  • 全員がポイント0になるまで続ける

 

犯人は踊る

このゲームはババ抜きのジョーカーを持っている人を当てる推理ゲームです。

 

犯人カードというジョーカーを持つ人を当てれば勝ちなのですが、ババ抜きのようにジョーカーがどんどん移動していきます。

 

状況から見て、誰がジョーカーを持っているかを推理して、探偵カードを使って犯人を見つけましょう!!

  • カードが配られる
  • 自分の手番ではカードを出す。
  • そのカードに書かれた行動を実行する(全員がカードを隣から1枚引くなど)
  • 探偵カードを出した時は犯人が誰かを宣言する
  • 探偵が犯人を当てれば勝ち
  • または、犯人カードを最後に場に出せたら犯人の勝ち

 

エセ芸術家ニューヨークへ行く

このゲームはみんなで協力して絵を描くゲームです。

 

同じお題の書いたカードを一人ずつ配るのですが、その中で一人だけ「×」と書かれカードがありますので、そのハズレを引いたニセモノ芸術家が誰かを推理するゲームです。

 

このゲームの面白い所は上手く絵を描いてしまうと、ニセモノにお題がバレてしまうことです。

 

お題の特徴は捉えているんだけれど、微妙にわからない図形を駆使して絵を描くのがポイントです。

 

最後に出来上がる絵は笑えるイラストになっていることが多いので、盛り上がること間違いなしです。

 

  • 出題者(ニセモノチーム)がお題をだす
  • お題の絵を順番にリレー形式で描く
  • 2周したら、ニセモノ芸術家が誰かを多数決で決める。
  • 多数決でニセモノが選ばれたら、芸術家チームの勝ち
  • ニセモノが選ばれなかったら、ニセモノチームの勝ち

 

イカサマゴキブリ

最後に紹介するこのゲームはイカサマがルールに盛り込まれているという斬新なゲームです。  

 

盛り上がること間違いなしです。

 

UNOに近いゲーム性です。

 

カードに数字が書かれており、出せるカードがあれば順番に出していきます。

 

手札からカードをなくせばゲーム終了です。

 

しかし、「詐欺師のガ」というカードは出すことができません。

そのカードを手札からなくすためにはイカサマをしてカードを捨てなければいけません。

 

見張りの人にイカサマを見破られないようにして、上手くカードを減らしていきましょう。

 

  • 手札を8枚配ります。
  • 見張り役を決めます。
  • 順番にカードを出していきます。
  • または、イカサマでカードを捨てます。
  • 手札からカードをなくせばゲーム終了
  • 何度かプレイしてマイナスカードが少ない人が勝ち

読者登録お願いします!!