気まぐれで軟体動物やってます!!

介護士たこにゃんが伝える、ためになる?ブログ

「エッセンシャル思考」をビジネス系インフルエンサー と呼ばれる人たちがやたら紹介している理由について考えてみた。

どーも、たこにゃんです。

みなさん、本はよく読みますか?

 

僕は最近、あんまり読んでないです(´・ω・`)

 

とはいえ、僕は10万円の速読セミナーにも参加したことがあるし、図書館に通っていたこともあるので、それなりに読んできたつもりではあります。

 

それで、Twitterを見ていてふと思ったことがあるんですよね。

ビジネス系インフルエンサー、『エッセンシャル思考』好きすぎじゃね?

 

なんだか、Twitterインフルエンサーと呼ばれる界隈でやたらと「エッセンシャル思考」が紹介されている気がするんですよね。

なので、この本がなぜそんなにも持ち上げられているのか?

ということについて考えてみました。

 

ちなみに、僕はこの本を読んだことがなくて、漫画版でチラッと読んだことがある程度です。

エッセンシャル思考について

まずは「エッセンシャル思考」を読んだことがない人のためにこの本について、簡単に解説しなければなりません。

ただ、僕はこの本を読んだことがないので、要約をしたブログがあったのでそちらを引っ張ってきました。

 

【要約・内容まとめ】「エッセンシャル思考」の秘密は「今、何が重要か」を考え自分で優先順位を決め成果を生まない努力をやめること。 | のり部屋

 

一言でまとめてしまえば

99%を捨てて1%に集中しろ

この言葉に全てが集約されています。

 

お金、仕事、人間関係、時間。

これらの中でも必要なものは1%だけなので、そこにどれだけのエネルギーを注ぎ込めるか?

どうすれば、1%に注ぎ込めるのか?

 

ということを書いた本と言うことでいいですかね?

 

似たような考えに「パレートの法則」と言うものがあります。

これは「80:20の法則」と呼ばれており、

「80%のものは20%でできている」と言う考えです。

 

例えば、「80%の完成度にするのには20%のエネルギーでできるが、100%を目指して残りの20%を埋めるためには80%のエネルギーを使う」

といったような考え方ですね。

 

これも面白い考えなので、よければ調べてみてください。

 

エッセンシャル思考は、これをさらに自己啓発向けにより、極端に書いた本と言う気がしますね。

他にも売れているベストセラーはあるのになぜ?

 

ただ、僕が気になったのは「エッセンシャル思考」はやたらと推している人が多い割には、めちゃくちゃ売れたベストセラーと言うわけではないんですよね。

 

「エッセンシャル思考」(2014/11/19) 電子累計 22万部

「嫌われる勇気」 国内(2013/12/13) 208万部

「7つの習慣」 国内(1996年) 200万部

「金持ち父さん貧乏父さん」 国内(1997年) 300万部

「人生がときめく片づけの魔法」 国内(2010年) 260万部

 

10万部以上売れているわけなので、ベストセラーであることは間違い無いのですが、100万部以上売れた大ベストセラー本に比べると10分の1程度にしか売れていないんです。

 

もちろん、「7つの習慣」や「金持ち父さん貧乏父さん」は発売された時期が古いので、その分売れていると言うのは仕方がありません。

 

比較対象として気になるのは「嫌われる勇気」です。

この本は、アドラー心理学をわかりやすく解説した本で当時話題になりました。

 

この本は「エッセンシャル思考」と発売時期が1年しか変わりません。

しかも、作者は日本人であることや対話形式を取っていることなどから非常に読みやすい本になっています。

 

しかしながら、「嫌われる勇気」をオススメ本として紹介しているインフルエンサーはあまり見かけませんね。

この違いは一体なんなのか?

僕なりに考察してみました。

 

 

【理由1】伝えたいことが1つだけ

「エッセンシャル思考」は先ほども書いたように「99%を捨てて1%に集中しろ」と言う一言に全てが集約されています。

 

つまり、人に説明しやすいんですね。

「エッセンシャル思考ってどんな本?」と聞かれれば、「1%に集中しろってことだよ!!」とこう返せばいいだけなんですよね。

 

非常にシンプルです。

ぶっちゃけ、中身とかどうでもいいですね。

 

他のベストセラーの本はそう簡単に説明できません。

「嫌われる勇気ってどんな本?」

アドラー心理学の本だよ」

アドラー心理学って何?」

「・・・」

 

「7つの習慣ってどんな本?」

  • 主体的。2、ゴールを決める。3、優先順位。4、win-win。5、相手を理解する。6、シナジーを生み出す。7、刃を研ぐだよ」

「1つずつ説明して」

「・・・」

 

と言うように、説明するのにかなりの時間がかかってしまいます。

他人に物を勧めるときに、説明しやすいと言うのはかなりのアドバンテージがあります。

 

【理由2】ミニマリズムと親和性が高い

最近の流行である、ミニマリズムとの親和性が高いことも人気の理由でしょう。

 

何より、ミニマリズムはブログでの注目度が高く金になります。

これは、前にブログのアクセスランキングで上位を分析したことがあるので間違い無いです。

 

ミニマリズムはアクセスが多いんです。

 

99%を捨てて1%に集中しろ」と言うのはミニマリズムの思考版と考えてもいいです。

 

最近は金持ちでギラギラしている人よりも、お金に執着せずに細々と暮らすことが人気のようなので、その辺りも人気の理由でしょう。

 

ちなみに、「人生がときめく片づけの魔法」の方が売れているのですが、なぜかビジネス系インフルエンサーはこんまりさんの話はあまりしませんね。

【理由3】みんなが紹介しているから紹介している

この理由がもしかしたら一番大きいかもしれません。

 

他のビジネス系インフルエンサー が「エッセンシャル思考」と言う本を紹介しているからこそ、他の人も安心してこの本を紹介している人はいると思います。

 

だって、他の人がたくさん紹介しているわけだから、その本を紹介して叩かれるわけがありませんね。

 

ただ、ある程度の本を読んでいる人からするとこの本だけがやたらと持ち上げられている理由がわりと謎です。

 

ビジネス系の本であれば

「0ベース思考(2015年)」とか「G I V E&T A K E(2014年)」なんかも面白かったのですが、これらの本を紹介されているのをあまりみたことがありませんね。

 

【結論】対して内容を理解していなくても本を読んでいるフリができる

こんな結論を書いたら、エッセンシャル思考が好きな人に怒られるかもしれませんが

「利用しやすい本」なんだと感じました。

 

人に説明しやすい本なんですよね。

読んでない僕でも「99%を捨てて1%に集中しろ」と言っておけば、なんだか読んだことがある気になれる。

パワーワードです。

 

コンセプト自体には共感はしますが、流石に持ち上げすぎじゃ無いかなぁ?

と感じたので、今回考察してみました。

 

逆に「エッセンシャル思考」をお勧めする人は実は本をあまり読まない人なんじゃないか?

と言う気すらしてきます。

 

エッセンシャル思考もいいですが、他にも面白い本はあるので、みなさん面白い本があったらどんどん紹介してくださいね!!

www.kimagure-taco.com

 

 

読者登録お願いします!!