気まぐれで軟体動物やってます!!

介護士たこにゃんが伝える、ためになる?ブログ

ポケモン楽しすぎてずっとやってる

どーもお久しぶりです。たこにゃんです。

 

こちらのブログもだいぶ放置してしまいました。

 

飽きてしまったやる気が起きなかった。

 

色々と新しいことに挑戦しようと考えていたら、つい優先順位が後になってしまいました。

 

ブログもずっとしたいとは思っていたことの一つなのですが、情報発信用のブログとしてやり続けるには自分には荷が重かったようですね。

 

なので、今後は日記をメインに気が向いたときだけ書いていければいいのかなとかんげております。

最近は、ポケモンをずっとやってましてその話をしたいなと思います。

 

ポケモン剣盾がまじで楽しくて人生詰みそう

 

 

f:id:taconyan:20200124183654j:plain




11月に発売された、「ポケモン剣盾」


ですが、先日追加コンテンツの配信も発表されて2020年はポケモン熱は冷めそうにないですね。

 

ポケモンといえば、様々な年代の人の楽しめるように作られていて本当にコンテンツとしての完成度が高くてすごいなと感心しています

 

ストーリーは小学生ぐらいでも楽しめる子供向けの作品であるにもかかわらず、いざポケモン対戦になると、初心者お断りのガチガチの戦略ゲームになるのがすごいところですね。

 

対戦がとにかく熱い!!

対戦用のポケモンを育成するために、インターネットで様々な情報を集めて、緻密な戦略や計算をした上でさらに運をも味方につけることができる人だけが高みに登ることができます。

 

ちなみに僕も対戦をしていますが、順位は1月24日現在

f:id:taconyan:20200124170134j:plain

78847位

10万人以上のプレイヤーがいるらしいですし、僕もポケモン対戦をずっとやってたわけではないので仕方がないかもしれませんね。

 

ちなみに使っているパーティはこんな感じです。

f:id:taconyan:20200124170149j:plain
f:id:taconyan:20200124170113j:plain

基本的には強いポケモンばかりを使うのは好きではないので、できるだけ自分が好きなポケモンを一体は入れるようにしたいと考えています。

 

今回はマホイップエースバーンを使いたかったのでこのような構築になっています。

 

ポケモン剣盾の対戦の魅力

 

僕は過去にもポケモンXYで少し対戦をしていただけなので、サンムーンはしていなかったのですが、ポケモン剣盾は『ここまで進化したか!!』という感じで魅力がたくさんあります。

画質が綺麗でしかも大画面でプレイできる

f:id:taconyan:20200124183703j:plain

やはり今回のポケモンでの1番の進化は大型TVでできることになったことではないでしょうか?

 

ポケモンシリーズは今ままで携帯ゲーム機で発売されるものでした。しかし今回のポケモン剣盾は据置機にすることもできるニンテンドースイッチでの発売となりました。

 

据置機になったことでとにかく画質が綺麗!!

 

しかも、TVに写してプレイすることができるので、大画面でプレイすることができます。

 

大きい画面でポケモンを楽しめるというのは何よりも大きい魅力だと思います。

 

余談ですが、携帯ゲーム機をプレイすると下を向いた姿勢になります。どうしても前傾姿勢になるので、年齢的に肩こりが酷くなりがちなのですが、スイッチはTVをまっすぐ見ながらプレイすることができるので、肩こりの心配がなくなりました(笑

 

ダイマックスシステムで戦略が深くなった!!

f:id:taconyan:20200124182311j:plain



前作までではメガ進化やZ技という強力な切り札が用意されていましたが、今回はそれらが廃止されてダイマックスというシステムが採用されています。

 

このダイマックスはとても面白いシステムになっています。

 

対戦中に1回だけ使える切り札なのですが、3ターンの間ポケモンを強化できるというシステムになります。

 

メガ進化やZ技との違いは「どのポケモンでも使うことができる点」と「持ち物を制限されない点」ですね。

 

ポケモンに置いてはポケモンにどの持ち物を持たせるかによって、対戦の戦略が大きく変わってきます。

 

メガ進化やZ技は使えるポケモンや持ち物が制限されていたので、いわゆるマイナーポケモンが活躍しにくい環境だったと思います。

 

しかし、今回のダイマックスは持ち物が自由になるので、アイデア次第ではどのポケモンでも活躍できるチャンスはあるのではないかなと思います。

 

もちろん、クソキッス トゲキッスのようにダイマックスすることでめちゃくちゃ強くなるポケモンもいますが、そういうポケモンをマイナーポケモンを使うことで倒すこともポケモン対戦の魅力の一つだと思います。

 

しばらくポケモン熱は冷めそうにない

僕も今は空いてる時間があれば、ポケモンを育てるということをしています。

ポケモン廃人という言葉もあるぐらいに時間泥棒なポケモンですが、生活が破綻しない程度にはプレイしていきたいなと考えています。

できれば、まずは10000位以内である4桁順位を目指していきたいと思います。

 

今後もポケモンやゲームに関する話題を書いていこうと思うので、興味がある人は読んでみてください!!